Scroll to navigation

CALIBRE-DEBUG(1) calibre CALIBRE-DEBUG(1)

NAME

calibre-debug - calibre-debug

calibre-debug [options]


Various command line interfaces useful for debugging calibre. With no options, this command starts an embedded Python interpreter. You can also run the main calibre GUI, the calibre viewer and the calibre editor in debug mode.

It also contains interfaces to various bits of calibre that do not have dedicated command line tools, such as font subsetting, the E-book diff tool and so on.

You can also use calibre-debug to run standalone scripts. To do that use it like this:

calibre-debug myscript.py -- --option1 --option2 file1 file2 ...


Everything after the -- is passed to the script.

スペースを含む引数を calibre-debug に渡す場合には、クォーテーションマークでくくってください。例: "/some path/with spaces"

[オプション]

--add-simple-plugin
プラグインのコードを含むpyファイルのpathを指定し、単純なプラグイン(単一の.pyファイルのみで構成されるプラグイン)を追加

--command, -c
Pythonコードを実行

--debug-device-driver, -d
デバイス認識をデバッグ

--default-programs
Windows の既定のプログラムに登録/登録解除 --default-programs = (register|unregister)

--diff
差分ツールを実行。例: calibre-debug --diff file1 file2

--edit-book, -t
書籍編集ツールをデバッグモードで起動

--exec-file, -e
ファイル中のPythonコードを実行

--explode-book, -x
指定されたディレクトリに本を分解。 使用例: -x file.epub output_dir 本をHTMLファイルと書誌情報のまとまりとしてエクスポートし、標準的なHTML編集ツールで編集できるようにします。EPUB, AZW3, HTMLZ, DOCX に利用可能です。

--export-all-calibre-data
すべてのデータ(本・設定・プラグイン)をエクスポート。通常は、エクスポート先のディレクトリとエクスポートするライブラリを指定する必要があります。コマンドラインから指定することにより、聞かれなくすることも可能です。ディレクトリとライブラリは絶対パスで指定してください。「all」と指定するとすべてのライブラリをエクスポートします。

--gui, -g
GUIをデバッグモードで実行。デバッグの出力はstdoutとstderrに出力されます。

--gui-debug
デバッグコンソールでGUIを実行し、指定されたpathにログを記録。内部での使用に限定し、GUIをデバッグモードで実行するには -g オプションを使用してください。

--help, -h
このヘルプメッセージを表示して終了

--implode-book, -i
分解された本を連結。 使用例: -i output_dir file.epub :option:
`
    
--explode-book`により分割されたファイルの置かれた output_dir を読み込んで連結し、本にします。必ず分割したときと同じファイルタイプを指定してください。

--import-calibre-data
以前エクスポートしたデータをインポート

--inspect-mobi, -m
指定されたパスのMOBIファイルを検査

--paths
Calibreの環境設定に必要なpathを出力

--reinitialize-db
指定されたpathのsqliteのCalibreデータベースを再初期化。破損したデータベースを復旧したいときに有用です。

--run-plugin, -r
コマンドラインインタフェースを提供するプラグインを実行。例: calibre-debug -r "Add Books" -- file1 --option1 -- 以降にあるものは、すべてプラグインに引数として渡されます。

--shutdown-running-calibre, -s
実行中のCalibreをシャットダウン。注意: ジョブが動作中であっても警告なしに終了するため、注意して実行してください。

--subset-font, -f
指定されたフォントをサブセット化。このオプションの後に "--" をつけるとフォント・サブセットプログラムにオプションを渡します。

--test-build
ビルド中にバイナリーモジュールをテスト

--version
プログラムのバージョン番号を表示して終了

--viewer, -w
電子書籍ビューアをデバッグモードで実行

AUTHOR

Kovid Goyal

COPYRIGHT

Kovid Goyal
7月 31, 2020 4.22.0