Scroll to navigation

APT-SORTPKGS(1) APT APT-SORTPKGS(1)

名前

apt-sortpkgs - パッケージインデックスファイルのソートユーティリティ

概要

apt-sortpkgs [-s] [-o=設定文字列] [-c=設定ファイル] ファイル名... {-v | --version} {-h | --help}

説明

apt-sortpkgs は、インデックスファイル (ソースインデックスやパッケージインデックス) からレコードをソートし、パッケージ名順に整えます。また、内部のソート規則に従って、内部フィールドについてもソートを行います。

出力はすべて標準出力に送られ、入力は検索できるファイルでなければなりません。

オプション

ここで設定オプションとして説明したコマンドラインオプションは、 すべて設定ファイルを使用して設定できます。 設定ファイルに書いた真偽値をとるオプションは -f-,--no-f, -f=no などのようにして上書きできます。

-s, --source

ソースインデックスフィールド順に並べ替えに使用します。設定項目: APT::SortPkgs::Source

-h, --help

使い方の短い要約を表示します。

-v, --version

プログラムのバージョンを表示します。

-c, --config-file

設定ファイル。 使用する設定ファイルを指定します。 このプログラムは、デフォルト設定ファイルを読んでから、この設定ファイルを読みます。 この設定をデフォルト設定ファイルよりも前に読む必要がある場合、 APT_CONFIG 環境変数に指定してください。構文については apt.conf(5) をご覧ください。

-o, --option

設定オプションのセット。任意の設定オプションをセットします。 構文 -o Foo::Bar=bar となります。 異なるオプションを設定するため、-o--option は、 複数回使用できます。

関連項目

apt.conf(5)

診断メッセージ

apt-sortpkgs は正常終了時に 0 を返します。エラー時には十進の 100 を返します。

バグ

APT バグページ[1] をご覧ください。 APT のバグを報告する場合は、 /usr/share/doc/debian/bug-reporting.txt や reportbug(1) コマンドをご覧ください。

翻訳

倉澤 望 <nabetaro@debian.or.jp> (2003-2006,2009-2012), Takuma Yamada <tyamada@takumayamada.com> (2016), Debian JP Documentation ML <debian-doc@debian.or.jp>

この翻訳文書には未訳部分が含まれている可能性があることに 注意してください。 翻訳がオリジナルに追従できていない場合、 内容を失わないようにこのようにしています。

著者

Gunthorpe Jason[FAMILY Given]

[FAMILY Given]

注記

1.
APT バグページ
30 11 月 2013 APT 1.8.2