Scroll to navigation

COLUMN(1) General Commands Manual COLUMN(1)

名称

column
入力を複数列に整形する

書式

column [-tx] [-c columns] [-s sep] [file ...]

解説

column は、入力を複数カラムに分けて整形します。 列より先に行を埋めます。 file が 指定されていれば file を、指定されていなければ標準入力を処理します。空行は無視されます。

オプション:

表示の幅を columns にしてフォーマットします。
オプションを使う時に、入力行をカラムに分ける区切り文字 (複数でも良い) を 指定します。
入力行のカラム数を判定し、表を作ります。 カラムの区切りは、 -s オプションで指定された文字か、指定されていない場合は空白文字です。 画面表示をきれいに整形するのに便利です。
行を埋める前に列を埋めます。

診断

The column utility exits 0 on success, and >0 if an error occurs.

環境変数

他に情報が得られない時に、画面の横幅を指定します。

使用例

(printf "PERM LINKS OWNER GROUP SIZE MONTH DAY " ; \
printf "HH:MM/YEAR NAME\n" ; \
ls -l | sed 1d) | column -t

関連項目

colrm(1), ls(1), paste(1), sort(1)

歴史

column コマンドは 4.3BSD-Reno から登場しました。
June 6, 1993 Linux 4.19.0-6-amd64