Scroll to navigation

DH_USRLOCAL(1) Debhelper DH_USRLOCAL(1)

名前

dh_usrlocal - usr/local ディレクトリをメンテナスクリプトへ移行する

書式

dh_usrlocal [debhelper オプション] [-n]

説明

dh_usrlocal コマンドはインストールの際に /usr/local 以下にサブディレクトリを作成するパッケージをビルドする時に使える debhelper プログラムです。

このコマンドは、パッケージビルドディレクトリにある usr/local 以下のサブディレクトリを走査・削除し、Debian policy の内容に沿った形でインストール時に作成されたディレクトリを作成、及びパッケージ削除時に削除を実施するため、(-n が使われてない限り) メンテナスクリプトのスニペットで置換します。これらのスニペットは dh_installdeb により、メンテナスクリプトへ挿入されます。debhelper のメンテナスクリプトのスニペットに関する説明については、dh_installdeb(1) を参照して下さい。

When the DEB_RULES_REQUIRES_ROOT environment variable is not (effectively) binary-targets, the directories in /usr/local will be handled as if they were owned by root:root (see below).

When the DEB_RULES_REQUIRES_ROOT environment variable has an effective value of binary-targets, the owners, groups and permissions will be preserved with the sole exception where the directory is owned by root:root.

If a directory is owned by root:root, then ownership will be determined at install time. The ownership and permission bits will either be root:root mode 0755 or root:staff mode 02775. The actual choice depends on whether the system has /etc/staff-group-for-usr-local (as documented in the Debian Policy Manual §9.1.2 since version 4.1.4)

オプション

-n, --no-scripts
postinst/prerm を変更しません。

付記

このコマンドは複数回実行しても安全なコマンドではありません。このコマンドを複数回呼び出す際には必ず間に dh_prep(1) を挿入してください。さもないと、メンテナスクリプト中に同じ内容のコードを繰り返し挿入してしまいます。

確認すべき事

Debian ポリシー バージョン 2.2

参照

debhelper(7)

このプログラムは debhelper の一部です。

作者

Andrew Stribblehill <ads@debian.org>
2019-09-15 12.6.1