Scroll to navigation

virt-filesystems(1) Virtualization Support virt-filesystems(1)

名前

virt-filesystems - 仮想マシンまたはディスクイメージにあるファイルシステム、パーティション、ブロックデバイスおよび LVM の一覧表示

書式

 virt-filesystems [--options] -d domname

 virt-filesystems [--options] -a disk.img [-a disk.img ...]

説明

This tool allows you to discover filesystems, partitions, logical volumes, and their sizes in a disk image or virtual machine. It is a replacement for virt-list-filesystems(1) and virt-list-partitions(1).

One use for this tool is from shell scripts to iterate over all filesystems from a disk image:

 for fs in $(virt-filesystems -a disk.img); do
   # ...
 done

他の使用方法は、これらのパーティションを変更するために (virt-resize(1) のような) 他のツールを使用する前に、パーティションを一覧表示することです。未知のディスクイメージが含んでいるものについてわからなければ、virt-inspector(1) とともにこのツールを使用します。

さまざまなコマンドラインオプションがこのプログラムが表示するものを制御します。それぞれディスクイメージまたは libvirt 仮想マシンを指定するには -a または -d オプションを与える必要があります。単にそれを指定すると、見つけたファイルシステムを 1 行ごとに 1 つずつこのように表示します:

 $ virt-filesystems -a disk.img
 /dev/sda1
 /dev/vg_guest/lv_root

-l または --long を追加すると、追加の情報が出力に含まれます:

 $ virt-filesystems -a disk.img -l
 名前                   種類         VFS   ラベル 容量
 /dev/sda1              filesystem   ext4  boot   524288000
 /dev/vg_guest/lv_root  filesystem   ext4  root   10212081664

--extra を追加すると、マウント不可能な(swap や未知の)ファイルシステムも同様に表示されます:

 $ virt-filesystems -a disk.img --extra
 /dev/sda1
 /dev/vg_guest/lv_root
 /dev/vg_guest/lv_swap
 /dev/vg_guest/lv_data

--partitions を追加すると、ファイルシステムの代わりにパーティションが表示されます:

 $ virt-filesystems -a disk.img --partitions
 /dev/sda1
 /dev/sda2

同様に、それらの項目を一覧表示するには --logical-volumes, --volume-groups, --physical-volumes, --block-devices を使用できます。

You can use these options in combination as well (if you want a combination including filesystems, you have to add --filesystems). Notice that some items fall into several categories (eg. /dev/sda1 might be both a partition and a filesystem). These items are listed several times. To get a list which includes absolutely everything that virt-filesystems knows about, use the --all option.

UUIDs (because they are quite long) are not shown by default. Add the --uuid option to display device and filesystem UUIDs in the long output.

--all --long --uuid is a useful combination to display all possible information about everything.

 $ virt-filesystems -a win.img --all --long --uuid -h
 Name      Type       VFS  Label           Size Parent   UUID
 /dev/sda1 filesystem ntfs System Reserved 100M -        F81C92571C92112C
 /dev/sda2 filesystem ntfs -               20G  -        F2E8996AE8992E3B
 /dev/sda1 partition  -    -               100M /dev/sda -
 /dev/sda2 partition  -    -               20G  /dev/sda -
 /dev/sda  device     -    -               20G  -        -

マシン読み込み可能な出力のために、カンマ区切り値を取得するために --csv を使用します。

オプション

--help
簡単なヘルプを表示します。
-a file
--add file
Add file which should be a disk image from a virtual machine. If the virtual machine has multiple block devices, you must supply all of them with separate -a options.

ディスクイメージの形式は自動検知されます。 これを上書きして強制的に特定の形式を使用する場合、 --format=.. オプションを使用します。

-a URI
--add URI
リモートディスクを追加します。 "リモートストレージの追加" in guestfish(1) 参照。
--all
すべてを表示します。これは現在これらのオプションを指定するのと同じです: --filesystems, --extra, --partitions, --block-devices, --logical-volumes, --volume-groups, --physical-volumes。(将来この一覧にさらに追加されるかもしれません。)

--long 参照。

--blkdevs
--block-devices
ブロックデバイスを表示します。
--blocksize=512
--blocksize=4096
--blocksize
This parameter sets the sector size of the disk image. It affects all explicitly added subsequent disks after this parameter. Using --blocksize with no argument switches the disk sector size to the default value which is usually 512 bytes. See also "guestfs_add_drive_opts" in guestfs(3).
-c URI
--connect URI
libvirt を使用していると、指定された URI に接続します。 省略すると、デフォルトの libvirt ハイパーバイザーに接続します。

ゲストのブロックデバイスを直接指定していると((-a))、libvirt は何も使用されません。

--csv
Write out the results in CSV format (comma-separated values). This format can be imported easily into databases and spreadsheets, but read "NOTE ABOUT CSV FORMAT" below.
-d guest
--domain guest
名前付きの libvirt 仮想マシンからすべてのディスクを追加します。 名前の代わりに仮想マシンの UUID を使用できます。
--echo-keys
キーやパスフレーズを入力するとき、通常 virt-filesystems はエコーを無効化します。 そのため、入力内容を確認できません。 テンペスト攻撃の心配がなく、 部屋に誰も居なければ、 入力内容を確認するためにこのフラグを指定できます。
--extra
This causes filesystems that are not ordinary, mountable filesystems to be displayed. This category includes swapspace, and filesystems that are empty or contain unknown data.

このオプションは --filesystems を意味します。

--filesystems
マウント可能なファイルシステムを表示します。表示オプションが選択されていなければ、このオプションが暗に指定されます。

--extra を用いると、マウントできないファイルシステムも表示されます。

--format=raw|qcow2|..
--format
-a オプションは標準状態でディスクイメージの形式を自動検知します。 これを使用することにより、コマンドラインで後続の -a オプションのディスク形式を強制的に指定できます。 引数なしで --format を使用することにより、 後続の -a オプションに対して自動検知に戻せます。

例:

 virt-filesystems --format=raw -a disk.img
    

forces raw format (no auto-detection) for disk.img.

 virt-filesystems --format=raw -a disk.img --format -a another.img
    

forces raw format (no auto-detection) for disk.img and reverts to auto-detection for another.img.

仮想マシンのディスクイメージが信頼できない raw 形式である場合、 ディスク形式を指定するためにこのオプションを使用すべきです。 これにより、悪意のある仮想マシンにより起こり得る セキュリティ問題を回避できます (CVE-2010-3851)。

-h
--human-readable
--long モードでは、読みやすい形式で容量を表示します。
--keys-from-stdin
Read key or passphrase parameters from stdin. The default is to try to read passphrases from the user by opening /dev/tty.
-l
--long
Display extra columns of data ("long format").

A title row is added unless you also specify --no-title.

The extra columns displayed depend on what output you select, and the ordering of columns may change in future versions. Use the title row, --csv output and/or csvtool(1) to match columns to data in external programs.

Use -h if you want sizes to be displayed in human-readable format. The default is to show raw numbers of bytes.

UUID も表示するには --uuid を使用します。

--lvs
--logvols
--logical-volumes
LVM 論理ボリュームを表示します。 このモードでは、論理ボリュームが含むファイルシステムにかかわりなく表示します。
--no-title
In --long mode, don’t add a title row.

Note that the order of the columns is not fixed, and may change in future versions of virt-filesystems, so using this option may give you unexpected surprises.

--parts
--partitions
パーティションを表示します。 このモードでは、パーティションが含むファイルシステムにかかわりなく表示します。
--pvs
--physvols
--physical-volumes
LVM 物理ボリュームを表示します。
--uuid
--uuids
--long モードでは UUID も表示されます。
-v
--verbose
デバッグ用の冗長なメッセージを有効にします。
-V
--version
バージョン番号を表示して、終了します。
--vgs
--volgroups
--volume-groups
LVM ボリュームグループを表示します。
-x
libguestfs API 呼び出しのトレースを有効にします。

出力にある列はこのツールの将来のバージョンにおいて並び替えられる場合や変更される場合があることに注意してください。
名前
ファイルシステム、パーティション、ブロックデバイスまたは LVM の名前。

For device and partition names these are displayed as canonical libguestfs names, so that for example /dev/sda2 is the second partition on the first device.

--long オプションが指定されていないと、名前の列のみが出力に表示されます。

種類
対象の形式。たとえば、"filesystem", "lv", "device" など。
VFS
ファイルシステムがあれば、この列は最初に検知されたファイルシステムの形式を表示します。例: "ext4"
ラベル
(ファイルシステムの識別とマウントのために使用される)ラベルがオブジェクトにあれば、この列はラベルを含みます。
MBR
パーティション形式のバイト、2 桁の 16 進数として表示されます。パーティション形式の完全な一覧は次のところにあります: http://www.win.tue.nl/~aeb/partitions/partition_types-1.html

これは DOS (MBR) パーティションに対してのみ適用できます。

容量
オブジェクトのバイト単位の容量。--human オプションが使用されていると、容量が人間可読な形式で表示されます。
親カラムはオブジェクト間の親子関係を記録します。

たとえば、オブジェクトがパーティションならば、このカラムは含んでいるデバイスの名前が含まれます。オブジェクトが論理ボリュームならば、このカラムはボリュームグループの名前です。

複数の親があると、この列は (内部に列を持つ) カンマ区切りの一覧になります。例: "/dev/sda,/dev/sdb"

UUID
If the object has a UUID (used for identifying and mounting filesystems and block devices) then this column contains the UUID as a string.

--uuid オプションが指定されると、 UUID のみが表示されます。

CSV 形式に関する注意

Comma-separated values (CSV) is a deceptive format. It seems like it should be easy to parse, but it is definitely not easy to parse.

神話: ただコンマで項目を区切る。 真実: これは正しく動き ません。この例は 2 つの列があります:

 "foo,bar",baz

神話: 同時にファイルの 1 行を読み込みます。 真実: これは正しく動き ません。この例は 1 つの行があります:

 "foo
 bar",baz

For shell scripts, use "csvtool" (https://github.com/Chris00/ocaml-csv also packaged in major Linux distributions).

For other languages, use a CSV processing library (eg. "Text::CSV" for Perl or Python’s built-in csv library).

Most spreadsheets and databases can import CSV directly.

終了ステータス

このプログラムは、成功すると 0 を、エラーがあると 0 以外を返します。

関連項目

guestfs(3), guestfish(1), virt-cat(1), virt-df(1), virt-list-filesystems(1), virt-list-partitions(1), csvtool(1), http://libguestfs.org/.

著者

Richard W.M. Jones http://people.redhat.com/~rjones/

COPYRIGHT

Copyright (C) 2010-2012 Red Hat Inc.

LICENSE

BUGS

To get a list of bugs against libguestfs, use this link: https://bugzilla.redhat.com/buglist.cgi?component=libguestfs&product=Virtualization+Tools

To report a new bug against libguestfs, use this link: https://bugzilla.redhat.com/enter_bug.cgi?component=libguestfs&product=Virtualization+Tools

When reporting a bug, please supply:

  • The version of libguestfs.
  • Where you got libguestfs (eg. which Linux distro, compiled from source, etc)
  • Describe the bug accurately and give a way to reproduce it.
  • Run libguestfs-test-tool(1) and paste the complete, unedited output into the bug report.
2020-03-09 libguestfs-1.42.0