Scroll to navigation

DH_INSTALLMANPAGES(1) Debhelper DH_INSTALLMANPAGES(1)

名前

dh_installmanpages - 古いスタイルの man ページのインストール用プログラム (廃止)

書式

dh_installmanpages [debhelper options] [file ...]

説明

dh_installmanpages はパッケージビルドディレクトリ以下にある usr/share/man/ ディレクトリへ man ページを自動的にインストールする役目の debhelper プログラムです。

これは、いわゆる「良きに計らえ (DWIM)」スタイルのプログラムであり、他の debhelper とはインターフェース仕様が異なります。本プログラムは廃止されているので、代わりに dh_installman(1) コマンドを使うようにしてください。

dh_installmanpages は man ページらしき名前を持つファイルを、カレントディレクトリや、カレントディレクトリ以下の全てのサブディレクトリで探し回ります (ファイルの実体のみが対象となります。つまり、シンボリックリンクは無視されます)。本プログラムは、file(1) コマンドを使ってファイルが正しいフォーマットであるかを検証します。その為、拡張子にしたがい、処理対象の man ページを正しい man ページ用ディレクトリへインストールします。

パラメータとして指定されているファイルは、全て dh_installmanpages により無視されます。これは、デフォルトでは意図しない場所に man ページがインストールされてしまう場合に便利です。

manページのインストールが終わったあと、dh_installmanpages は処理対象の man ページが .so リンクの対象であるかどうかを調べます。もしそうであれば、こちらをシンボリックリンクへ変更します。

オプション

file ...
有効な man ページのようにみえても、これらファイルを man ページとしてインストールしないようにします。

バグ

dh_installmanpages は作業するように指定した 全パッケージ で発見した man ページをいっぺんにインストールしてしまいます。これは、どのパッケージにどの man ページが対応しているかについて指定する方法がない為です。この動作は多くのケースで必ずしも望ましくない動作となります (-p を指定する事により、本問題を回避できますが、もっと良いのは、dh_installman(1) を代わりに使う事です)。

.man でファイル名が終わっているファイルは無視されます。

スペースを含むファイル名を持つファイルをパラメータに指定すると、正しく扱われません。

参照

debhelper(7)

このプログラムは debhelper の一部です。

作者

Joey Hess <joeyh@debian.org>
2020-01-19 12.8