Scroll to navigation

Locale::Po4a::Po(3pm) Po4a Tools Locale::Po4a::Po(3pm)

名前

Locale::Po4a::Po - PO file 操作モジュール

書式

    use Locale::Po4a::Po;
    my $pofile=Locale::Po4a::Po->new();

    # Read PO file
    $pofile->read('file.po');

    # Add an entry
    $pofile->push('msgid' => 'Hello', 'msgstr' => 'bonjour',
                  'flags' => "wrap", 'reference'=>'file.c:46');

    # Extract a translation
    $pofile->gettext("Hello"); # returns 'bonjour'

    # Write back to a file
    $pofile->write('otherfile.po');

説明

Locale::Po4a::Po はメッセージカタログを操作できるようにするモジュールです。ファイル (通常 po という拡張子) を読み書きし、新しいエントリをその場で作成したり、文字列の翻訳要求があったときに作成できます。

PO フォーマットのメッセージカタログやその使い方に関する完全な説明は、gettext プログラム ("`PO ファイル"' ノード) のドキュメントを参照してください。

このモジュールは po4a プロジェクトの一部です。このプロジェクトは (元々プログラムのメッセージを簡単に訳せるように設計された) PO ファイルを用い、すべてを翻訳するのを目標にしています。すべてというのは、(man ページ、info マニュアルといった) ドキュメント、パッケージの説明、debconf テンプレート、そしてこの恩恵を受けられるだろうすべてものです。

このモジュールで使用できるオプション

--porefs type
Specify the reference format. Argument type can be one of never to not produce any reference, file to only specify the file without the line number, counter to replace line number by an increasing counter, and full to include complete references (default: full).
--wrap-po no|newlines|number (default: 76)
Specify how the po file should be wrapped. This gives the choice between either files that are nicely wrapped but could lead to git conflicts, or files that are easier to handle automatically, but harder to read for humans.

Historically, the gettext suite has reformatted the po files at the 77th column for cosmetics. This option specifies the behavior of po4a. If set to a numerical value, po4a will wrap the po file after this column and after newlines in the content. If set to newlines, po4a will only split the msgid and msgstr after newlines in the content. If set to no, po4a will not wrap the po file at all. The reference comments are always wrapped by the gettext tools that we use internally.

Note that this option has no impact on how the msgid and msgstr are wrapped, ie on how newlines are added to the content of these strings.

--msgid-bugs-address email@address
msgid のバグレポートを送るアドレスをセットします。デフォルトでは、生成した POT ファイルに Report-Msgid-Bugs-To フィールドはありません。
--copyright-holder string
POT ヘッダの著作権者 (copyright holder) をセットします。デフォルト値は "Free Software Foundation, Inc." です。
--package-name string
POT ヘッダのパッケージ名をセットします。デフォルト値は "PACKAGE" です。
--package-version string
POT ヘッダのパッケージバージョンをセットします。デフォルト値は "VERSION" です。

メッセージカタログ全体に関わる関数

new()
新規メッセージカタログを作成します。引数を指定した場合、読み込む PO ファイルの名前として扱います。
read($)
(引数で与えた) PO ファイルを読み込みます。すでに読み込んだ既存エントリは削除しません。新しいものはカタログの最後に追加します。
write($)
与えられたファイルに現在のカタログを書き込みます。
write_if_needed($$)
write と同様ですが、PO ファイルや POT ファイルがすでに存在している場合、オブジェクトを一時ファイルに書き出し、既存のファイルを比較して更新が必要かどうかチェックします (これにより、行参照や POT-Creation-Date フィールドの更新しかない更新を防ぎます)。
gettextize($$)
この関数は、オリジナルと翻訳済みの二つのカタログから、一つの翻訳済みメッセージカタログを生成します。この処理は、po4a(7)gettext 化: どのように動作しますか? 節で解説します。
filter($)
この関数は、既存のものからカタログを抽出します。与えたファイルへの参照があるエントリのみが、結果のカタログに抽出されます。

この関数は、引数をパースし、Perl の関数定義に変換し、この定義を評価し、この関数が true を返すフィールドのみをフィルタします。

私はときどき Perl が好きです ;)

to_utf8()
PO の msgstr を UTF-8 に再コード化します。PO ファイルで文字セット ("CHARSET" の値) が指定されていない場合、すでに UTF-8 の場合、あるいは ASCII の場合には何もしません。

翻訳にメッセージカタログを使用する関数

gettext($%)
現在のカタログから、引数で与えた文字列の翻訳を取得します。文字列が見つからなかった場合、この関数はオリジナル (未翻訳) の文字列を返します。

翻訳する文字列の後に、追加引数のハッシュを渡せます。以下のエントリが有効です:

wrap
文字列中の空白は重要でないとして扱うかどうかを示す真偽値です。yes ならば、この関数は、翻訳を探す前の文字列を納め、結果を折り返します。
wrapcol
改行を行う幅です (デフォルト: 76)。
stats_get()
前回 stats_clear() が呼ばれたときからの gettext のヒット率統計を返します。msgfmt --statistic が表示する統計とは、異なることにご注意ください。msgfmt はファイルの状態をレポートしますが、ここでは PO ファイルの最近の利用についての統計です。以下に使い方の例を示します:

    [翻訳する際の PO ファイルの使用例]

    ($percent,$hit,$queries) = $pofile->stats_get();
    print "So far, we found translations for $percent\%  ($hit of $queries) of strings.\n";
    
stats_clear()
gettext のヒットに関する統計をクリアします。

メッセージカタログを生成する関数

push(%)
現在のカタログの最後に新しいエントリを追加します。引数は、ハッシュテーブルの形である必要があります。有効なキーは以下の通りです:
msgid
オリジナル言語の文字列。
msgstr
翻訳。
reference
この文字列がどこにあったかを示します。例えば、file.c:46 ('file.c' の 46 行目) といった具合です。複数ある場合は、空白区切りのリストとなります。
comment
手で (翻訳者が) 追加したコメントです。フォーマットは自由です。
automatic
文字列抽出プログラムが自動的に追加したコメントです。詳細は、xgettext プログラムの --add-comments オプションを参照してください。
flags
このエントリで定義するフラグのスペース区切りリストです。

有効なフラグは、c-text, python-text, lisp-text, elisp-text, librep-text, smalltalk-text, java-text, awk-text, object-pascal-text, ycp-text, tcl-text, wrap, no-wrap, fuzzy です。

それぞれの意味については gettext のドキュメントを参照してください。

type
これはほとんど内部引数で、ドキュメントを gettext 化する際に使用します。ここでの考え方は、オリジナルと翻訳の両方を PO オブジェクトに入れるためパースし、片方の msgid を msgid に、もう一方の msgid を msgstr としてマージする、というものです。確実にうまく処理するように、PO オブジェクトの各 msgid は、その構造 (DocBook では "chapt", "sect1", "p" など) から type を与えられます。文字列の type が一致しない場合、双方のファイルが同じ構造を共有していないことになり、プロセスはエラーを通知します。

この情報は、文字列を翻訳する際に文脈情報を翻訳者に与えるため、PO ファイルの自動コメントに書き込まれます。

wrap
化粧をする再フォーマットによってホワイトスペースをめちゃめちゃにするかどうかを示す真偽値です。true ならば、文字列は使用前に正規化されます。

この情報は、PO ファイルに wrap フラグや no-wrap フラグを用いて書き込まれます。

wrapcol
改行を行う幅です (デフォルト: 76)。

この情報は PO ファイルに書き込まれません。

その他の関数

count_entries()
カタログ内のエントリ数 (ヘッダ含まず) を返します。
count_entries_doc()
ドキュメント内のエントリ数を返します。ある文字列がドキュメント内に複数回現れる場合、複数回カウントします.
equals_msgid(po)
Returns ($uptodate, $diagnostic) with $uptodate indicating whether all msgid of the current po file are also present in the one passed as parameter (all other fields are ignored in the file comparison). Informally, if $uptodate returns false, then the po files would be changed when going through po4a-updatepo.

If $uptodate is false, then $diagnostic contains a diagnostic of why this is so.

msgid($)
与えた数の msgid が返ります。
msgid_doc($)
ドキュメント内の、与えられた位置の msgid を返します。
get_charset()
Returns the character set specified in the PO header. If it hasn't been set, it will return "UTF-8".
set_charset($)
This sets the character set of the PO header to the value specified in its first argument. If you never call this function (and no file with a specified character set is read), the default value is left to "UTF-8". This value doesn't change the behavior of this module, it's just used to fill that field in the header, and to return it in get_charset().

著者

 Denis Barbier <barbier@linuxfr.org>
 Martin Quinson (mquinson#debian.org)

訳者

 倉澤 望 <nabetaro@debian.or.jp>
 Debian JP Documentation ML <debian-doc@debian.or.jp>
2020-07-16 Po4a Tools