Scroll to navigation

WALL(1) User Commands WALL(1)

名前

wall - すべてのユーザに対してメッセージを書き込む

書式

wall [-n] [-t timeout] [-g group] [message | file]

読者へのご注意

これは、util-linux 2.36 所収の wall コマンドのマニュアルである。お使いの wall が util-linux 版以外の場合や、util-linux 版であっても、古いバージョンの場合は、この wall とは動作やオプションが違うかもしれない。そうしたときは、お手元の wall に付属する英語のマニュアルに当たってみていただきたい。

説明

wall コマンドは、現在ログインしているすべてのユーザの端末に、上記書式の message (訳注: 短文)、または file の内容を表示する。そうしたものの指定がない場合は、wall 対する標準入力を表示する。wall は、ASCII 文字で 79 字より長い行は折り返し、短い行は 79 字になるまでホワイトスペースで埋める。また、行の末尾に復帰文字と改行文字を必ず入れる。

メッセージの受信拒否を選択しているユーザや、 メッセージの受信を機械的に拒否するプログラムを使っているユーザの端末に書き込めるのは、 スパーユーザだけである。

wall を実行するのがスーパーユーザではない場合、wall プログラムに set-user-ID や set-group-ID が設定されていると、file からの読み込みは拒否される。

オプション

-n, --nobanner
バナー (訳注: 発信者情報) を表示しない。
-t, --timeout timeout
端末への書き込みを timeout 秒間試みてから、諦める。この timeout は、正の整数でなければならない。デフォルトの値は 300 秒だが、これは、モデム回線で端末を動かしていた時代の名残りである。
-g, --group group
メッセージの表示を、引き数 group で指定されるグループのメンバーに限定する。 引き数は、グループ名でも GID でもよい。
-V, --version
バージョン情報を表示して終了する。
-h, --help
ヘルプを表示して終了する。

注意

wdm がその一例だが、utmp(5) の ut_type データの先頭に 1 個の ':' 文字を置く一部のセッションは、wall のメッセージを受け取ろうとしない。 これは、書き込みエラーを避けるためである。

歴史

wall コマンドが初登場したのは、AT&T UNIX バージョン 7 だった。

関連項目

mesg(1), talk(1), write(1), shutdown(8)

入手方法

この wall コマンドは、util-linux パッケージの一部であり、Linux Kernel Archive <https://www.kernel.org/pub/linux/utils/util-linux/> から入手できる。
August 2013 util-linux