Scroll to navigation

GOOBOX(1) General Commands Manual GOOBOX(1)

NAME

goobox — 取り込みもできるグラフィカルな GNOME 用CDプレーヤー

SYNOPSIS

goobox [オプション] [...]

説明

goobox は GNOME 3 デスクトップ環境用の簡単に使えるグラフィカルCDプレーヤーで取り込みも可能です。CDの再生や取り込み (つまりファイルに保存)、さらにジャケット表示もできるようになっています。

取り込みと再生には GStreamer フレームワーク、索引には musicbrainz を使います。

オプション

アプリケーションオプション:
--eject
CDを取り出します
--next
次のトラックを再生します
--play
起動時にCDを再生します
--previous
前のトラックを再生します
--quit
アプリケーションを終了します
--stop
再生を停止します
-d --device=デバイスのパス
使うCDデバイスを指定します
--display=ディスプレイ
使うXディスプレイを指定します
-v --version
プログラムのバージョンを表示します
--toggle-play
再生を切り替えます
--toggle-visibility
メインウィンドウの表示を切り替えます

ヘルプオプション:

-h --help
ヘルプオプションを表示します:
--help-all
全ヘルプオプションを表示します
--help-gst
GStreamer オプションを表示します
--help-gtk
GTK+ オプションを表示します

GStreamer オプション:

--gst-version
GStreamer のバージョンを表示します
--gst-fatal-warnings
全警告を致命的にします
--gst-debug-help
利用できるデバッグ用のカテゴリを表示して終了します
--gst-debug-level=レベル
デバッグレベルを1 (エラーのみ、デフォルト) から9 (全情報)、出力しない0から指定します
--gst-debug=リスト
「カテゴリ名:レベル」の組で各カテゴリに特定のレベルをセットします。コンマで区切って列挙することで複数をセットできます。例: GST_AUTOPLUG:5,GST_ELEMENT_*:3
--gst-debug-no-color
デバッグ用出力の着色を無効にします
--gst-debug-color-mode
デバッグログの着色モードを変更します。指定できるモード: off、on、disable、auto、unix
--gst-debug-disable
デバッグを無効にします
--gst-plugin-spew
プラグイン読み込みの診断を冗長にします
--gst-plugin-path=パス
プラグインの置かれているパスをコロンで区切って指定します
--gst-plugin-load=プラグイン
環境変数 GST_PLUGIN_PATH に列挙されている以外に事前ロードしておくプラグインをコンマで区切って指定します
--gst-disable-segtrap
プラグイン読み込み時のセグメンテーション違反の捕捉を無効にします
--gst-disable-registry-update
レジストリの更新を無効にします
--gst-disable-registry-fork
レジストリを走査する際に fork() を使わないようにします

GTK+ オプション:

--class=クラス
ウィンドウマネージャにより利用されるプログラムのクラスを指定します
--name=名前
ウィンドウマネージャにより利用されるプログラム名を指定します
--gtk-module=モジュール
追加で読み込む GTK+ モジュールを指定します
--gdk-debug=フラグ
GDK デバッグ用フラグを指定します
--gdk-no-debug=フラグ
セット解除する GDK デバッグ用フラグを指定します
--gtk-debug=フラグ
GTK+ デバッグ用フラグを指定します
--gtk-no-debug=フラグ
解除する GTK+ デバッグ用フラグを指定します
--g-fatal-warnings
全警告を致命的にします

関連項目

sound-juicer(1)

著者

このマニュアルページは Dan Korostelev dan@ats.energo.ru により Debian システム向けに書かれました (他のシステムでも使えますが)。その後 Helge Kreutzmann debian@helgefjell.de により更新されました。GNU General Public License (GPL) のバージョン2またはフリーソフトウェア財団により公開された、それ以降の任意のバージョンに記載の条件の下でこの文書を複製、配布、変更する許可を与えられています。

Debian システムでは /usr/share/common-licenses/GPL に GNU General Public License の全文があります。