Scroll to navigation

start-stop-daemon(8) dpkg suite start-stop-daemon(8)

名前

start-stop-daemon - システムデーモンプログラムの起動、停止

書式

start-stop-daemon [option...] command

説明

start-stop-daemon はシステムレベルのプロセスの生成や停止を制御するために使用される。また、 適切なオプションを指定することで、実行中のプロセスを確認することができる。

Note: unless --pid or --pidfile are specified, start-stop-daemon behaves similar to killall(1). start-stop-daemon will scan the process table looking for any processes which match the process name, parent pid, uid, and/or gid (if specified). Any matching process will prevent --start from starting the daemon. All matching processes will be sent the TERM signal (or the one specified via --signal or --retry) if --stop is specified. For daemons which have long-lived children which need to live through a --stop, you must specify a pidfile.

コマンド

-S, --start [--] arguments
指定されたプロセスの存在を確認する。該当するプロセスが存在する場合、 start-stop-daemon は何もせず、エラーステータス 1 を返して終了する (--oknodo が指定された場合は、0 を返す)。該当するプロセスが存在しない場合、 --exec により、もしくは --startas が指定された場合はこれにより指定される実行ファイルを起動する。コマンドライン上で -- 以降に与えられた任意の引数は起動されるプログラムにそのまま引き渡される。
-K, --stop
指定されたプロセスの存在を確認する。該当するプロセスが存在する場合、 start-stop-daemon--signal により指定されたシグナルをそのプロセスに送り、エラーステータス 0 を返して終了する。該当するプロセスが存在しない場合、 start-stop-daemon はエラーステータス 1 を返して終了する( --oknodo が指定された場合は 0 を返す)。--retry を指定した場合、start-stop-daemon はそのプロセスが終了したことを確認する。
-T, --status
Check for the existence of a specified process, and returns an exit status code, according to the LSB Init Script Actions (since version 1.16.1).
-H, --help
使用方法に関する情報を表示し、終了する。
-V, --version
バージョンと著作権に関する情報を表示し、終了する。

オプション

Matching options

--pid pid
Check for a process with the specified pid (since version 1.17.6). The pid must be a number greater than 0.
--ppid ppid
Check for a process with the specified parent pid ppid (since version 1.17.7). The ppid must be a number greater than 0.
-p, --pidfile pid-file
プロセスが pid-file を作成したかどうかをチェックする。このオプションを単体で使用した場合、以前のプロセスが pid-file を削除できないまま終了してしまった際に、意図しないプロセスが動作中であると判断される場合があるため留意すること。
-x, --exec executable
プロセスが指定した executable のインスタンスであるかどうかをチェックする。executable 引数は絶対パス名であること。インタプリタ型のスクリプトに対して指定した場合、executable はインタプリタ自体を指してしまうため、期待する動作とならない点に留意すること。chroot 内で動作しているプロセスもマッチしてしまうため、これ以外の制約との組み合わせが必要となる点に注意すること。
-n, --name process-name
プロセスが process-name であるかどうかをチェックする。process-name は通常プロセスのファイル名であるが、プロセス自身によって変更することも可能である。大半のシステムにおいて、この情報はカーネル内の process comm name から取得されるため、比較的短い名称である必要がある (15 文字を超える名称は移植性がないと判断される)点に留意すること。
-u, --user username|uid
プロセスが username もしくは uid で指定されたユーザの所有となっているかをチェックする。このオプションを単体で用いた場合、指定されたユーザの所有するすべてのプロセスが合致するかをチェックする点に留意すること。

Generic options

-g, --group group|gid
プロセスを開始する時点で、groupgid を変更する。
-s, --signal signal
--stop と同時に指定することで、プロセスを停止するために送信するシグナルを指定する (デフォルトは TERM)。
-R, --retry timeout|schedule
--stop と同時に指定することで、start-stop-daemon にプロセスの終了を確認させる。これにより、マッチした実行中のプロセスが全て終了するまで繰り返し確認が行われる。プロセスが終了しなければ、スケジュールにより指定されたアクションが実行される。

schedule のかわりに timeout が指定されている場合、 signal/timeout/KILL/timeout スケジュールが使われる。ここで signal--signal で指定されるシグナルである。

スケジュール schedule は、スラッシュ (/) で区切られた少なくとも 2 つの要素からなるリストである。それぞれの要素は、-signal-number もしくは [-]signal-name の場合は送るべきシグナル、 timeout の場合はプロセスが終了するのを待つ秒数、 forever の場合は必要な限り、残りの schedule を繰り返し適用することを意味する。

schedule が終了し、forever が指定されていない場合、 start-stop-daemon はエラー状態 2 で終了する。schedule が指定されている場合、--signal で指定したシグナルは無視される。

-a, --startas pathname
--start と同時に指定することで、pathname により指定されるプロセスを起動する。このオプションが指定されない場合、 --exec に与えられる引数がデフォルトになる。
-t, --test
実行しようとする処理内容を出力し,それに伴い適切な返り値が設定されるが、実際の処理は行わない。
-o, --oknodo
処理が何も行われない (又は、行なわれないと想定される) 場合、終了ステータス 1 のかわりに 0 を返す。
-q, --quiet
情報メッセージを出力しない。エラーメッセージのみ出力する。
-c, --chuid username|uid[:group|gid]
Change to this username/uid before starting the process. You can also specify a group by appending a :, then the group or gid in the same way as you would for the chown(1) command (user:group). If a user is specified without a group, the primary GID for that user is used. When using this option you must realize that the primary and supplemental groups are set as well, even if the --group option is not specified. The --group option is only for groups that the user isn't normally a member of (like adding per process group membership for generic users like nobody).
-r, --chroot root
プロセスを起動する前に、root に対して chdir と chroot を実行する。pidfile は chroot 後に、書き出されることに注意すること。
-d, --chdir path
Chdir to path before starting the process. This is done after the chroot if the -r|--chroot option is set. When not specified, start-stop-daemon will chdir to the root directory before starting the process.
-b, --background
Typically used with programs that don't detach on their own. This option will force start-stop-daemon to fork before starting the process, and force it into the background. Warning: start-stop-daemon cannot check the exit status if the process fails to execute for any reason. This is a last resort, and is only meant for programs that either make no sense forking on their own, or where it's not feasible to add the code for them to do this themselves.
-C, --no-close
Do not close any file descriptor when forcing the daemon into the background (since version 1.16.5). Used for debugging purposes to see the process output, or to redirect file descriptors to log the process output. Only relevant when using --background.
-N, --nicelevel int
プロセスを起動する前にプロセスのプライオリティを変更する。
-P, --procsched policy:priority
This alters the process scheduler policy and priority of the process before starting it (since version 1.15.0). The priority can be optionally specified by appending a : followed by the value. The default priority is 0. The currently supported policy values are other, fifo and rr.
-I, --iosched class:priority
This alters the IO scheduler class and priority of the process before starting it (since version 1.15.0). The priority can be optionally specified by appending a : followed by the value. The default priority is 4, unless class is idle, then priority will always be 7. The currently supported values for class are idle, best-effort and real-time.
-k, --umask mask
This sets the umask of the process before starting it (since version 1.13.22).
-m, --make-pidfile
Used when starting a program that does not create its own pid file. This option will make start-stop-daemon create the file referenced with --pidfile and place the pid into it just before executing the process. Note, the file will only be removed when stopping the program if --remove-pidfile is used. Note: This feature may not work in all cases. Most notably when the program being executed forks from its main process. Because of this, it is usually only useful when combined with the --background option.
--remove-pidfile
Used when stopping a program that does not remove its own pid file (since version 1.17.19). This option will make start-stop-daemon remove the file referenced with --pidfile after terminating the process.
-v, --verbose
詳細な情報を出力する。

終了ステータス

0
指定されたアクションが実行された。--oknodo が指定された場合、何も行われなかった場合も意味する。これは、--start が指定されたがマッチするプロセスが実行されていた場合、--stop が指定されたがマッチするプロセスが存在しなかった場合に発生しうる。
1
--oknodo が指定されなかった場合に、何も行われなかった。
2
--stop および --retry が指定されたが、規定時間の最後まで到達したにも関わらず、プロセスがまだ実行されている。
3
その他のエラー。

--status コマンドを実行した際には、以下の戻り値が返される:

0
プログラムは実行中である。
1
プログラムは実行中でないが、pid ファイルが存在している。
3
プログラムは実行中でない。
4
プログラムの状況を確認できない。

既に実行中でない場合に、food デーモンを (プロセス名 food、実行ユーザ food 、PID 情報を food.pid に格納で) 起動する。
start-stop-daemon --start --oknodo --user food --name food \
	--pidfile /run/food.pid --startas /usr/sbin/food \
	--chuid food -- --daemon
    

foodSIGTERM を送信し、停止するまで 5 秒間待機する:

start-stop-daemon --stop --oknodo --user food --name food \
	--pidfile /run/food.pid --retry 5
    

food 停止のためのカスタムスケジュールのデモ:

start-stop-daemon --stop --oknodo --user food --name food \
	--pidfile /run/food.pid --retry=TERM/30/KILL/5
    

翻訳者

高橋 基信 <monyo@monyo.com>. 喜瀬 浩 <kise@fuyuneko.jp>. 関戸 幸一 <sekido@mbox.kyoto-inet.or.jp>. 鍋谷 栄展 <nabe@debian.or.jp>. 倉澤 望 <nabetaro@debian.or.jp>. 石川 睦 <ishikawa@linux.or.jp>. 鵜飼 文敏 <ukai@debian.or.jp>. 中野 武雄 <nakano@apm.seikei.ac.jp>.

翻訳校正

Debian JP Documentation ML <debian-doc@debian.or.jp>.
2018-05-06 1.19.0.5