Scroll to navigation

DH_INSTALLDEB(1) Debhelper DH_INSTALLDEB(1)

名前

dh_installdeb - DEBIAN ディレクトリにファイルをインストールする

書式

dh_installdeb [debhelper options]

説明

dh_installdeb は、パッケージビルドディレクトリにある DEBIAN ディレクトリ以下に、適切な権限を持った状態でファイルをインストールする役目の debhelper プログラムです。

ファイル

package.postinst
package.preinst
package.postrm
package.prerm
これらのメンテナスクリプトは DEBIAN ディレクトリ以下にインストールされます。

スクリプト中の #DEBHELPER# の文言は、他の debhelper コマンドが生成するシェルスクリプトのスニペットで置き換えられます。

package.triggers
package.shlibs
これらのファイル群は DEBIAN ディレクトリ以下にインストールされます。

Note that package.shlibs is only installed in compat level 9 and earlier. In compat 10, please use dh_makeshlibs(1).

package.conffiles
この control ファイルは DEBIAN ディレクトリ以下にインストールされます。

互換性レベルが v3 以上の場合、パッケージ内の etc/ 以下の全ファイルは、このプログラムにより conffile として自動的にフラグがつけらます。その為、いちいち自分で列挙する必要はありません。

package.maintscript
Lines in this file correspond to dpkg-maintscript-helper(1) commands and parameters. However, the "maint-script-parameters" should not be included as debhelper will add those automatically.

例:

    # 正解
    rm_conffile /etc/obsolete.conf 0.2~ foo
    # 不正解
    rm_conffile /etc/obsolete.conf 0.2~ foo -- "$@"
    

In compat 10 or later, any shell metacharacters will be escaped, so arbitrary shell code cannot be inserted here. For example, a line such as "mv_conffile /etc/oldconffile /etc/newconffile" will insert maintainer script snippets into all maintainer scripts sufficient to move that conffile.

It was also the intention to escape shell metacharacters in previous compat levels. However, it did not work properly and as such it was possible to embed arbitrary shell code in earlier compat levels.

The dh_installdeb tool will do some basic validation of some of the commands listed in this file to catch common mistakes. The validation is enabled as a warning since compat 10 and as a hard error in compat 12.

参照

debhelper(7)

このプログラムは debhelper の一部です。

作者

Joey Hess <joeyh@debian.org>
2018-06-30 11.3.5