Scroll to navigation

APT-FTPARCHIVE(1) APT APT-FTPARCHIVE(1)

名前

apt-ftparchive - インデックスファイル生成ユーティリティ

概要

apt-ftparchive [-dsq] [--md5] [--delink] [ --readonly] [--contents] [--arch  architecture] [-o=config_string] [ -c=config_file] {packages  path... [override-file [pathprefix]] | sources  path... [override-file [pathprefix]] | contents  path | release path | generate config_file section... | clean config_file | {-v | --version} | {-h | --help}}

説明

apt-ftparchive は、APT が取得元にアクセスするのに必要な、インデックスファイルを生成するコマンドラインツールです。インデックスファイルは、元のサイトの内容に基づき生成されるべきです。
apt-ftparchive は、 dpkg-scanpackages(1) プログラムのスーパーセットで、packages コマンド経由で機能全体を取り込んでいます。また、contents ファイルジェネレータ contents と完全なアーカイブの生成プロセス「スクリプト」である綿密な手段を含んでいます。
本質的に apt-ftparchive は、.deb ファイルの内容をキャッシュするのにバイナリデータベースを使用できます。また、 gzip(1) 以外のいかなる外部プログラムにも依存しません。すべて生成する際には、ファイル変更点の検出と希望した圧縮出力ファイルの作成を自動的に実行します。
-h オプションや --help オプションを除き、以下に挙げるコマンドが必要です。
packages
packages コマンドは、ディレクトリツリーからパッケージファイルを生成します。与えられたディレクトリから再帰検索し、.deb ファイルを取得します。またパッケージレコードを標準出力にそれぞれ出力します。このコマンドは、 dpkg-scanpackages(1) とほぼ同じです。
--db オプションで、キャッシュ DB を指定できます。
sources
sources コマンドは、ディレクトリツリーからソースインデックスファイルを生成します。与えられたディレクトリから再帰検索し、.dsc ファイルを取得します。またソースレコードを標準出力にそれぞれ出力します。このコマンドは、 dpkg-scansources(1) とほぼ同じです。
override ファイルを指定した場合、src 拡張子がついたソースオーバーライドファイルを探します。使用するソースオーバーライドファイルを変更するのには、--source-override オプションを使用します。
contents
contents コマンドは、ディレクトリツリーからコンテンツファイルを生成します。与えられたディレクトリから再帰検索し、.deb ファイルを取得します。またファイルごとにファイル一覧を読み取ります。その後、パッケージに対応するファイル一覧を標準出力にソートして出力します。ディレクトリは出力に含まれません。複数のパッケージが同じファイルを持つ場合、パッケージ名をカンマ区切りで出力します。
--db オプションで、キャッシュ DB を指定できます。
release
release コマンドは、ディレクトリツリーから Release ファイルを生成します。与えたディレクトリを再帰的に検索し、未圧縮の Packages, Sources, Contents, Components, icons 各ファイル、それに Release, Index, md5sum.txt ファイルをデフォルト (APT::FTPArchive::Release::Default-Patterns) で探します。また APT::FTPArchive::Release::Patterns に列挙して、さらにファイル名のパターンを追加できます。その後、(デフォルトで) MD5, SHA1, SHA256 と SHA512 の各ダイジェストをファイルごとに格納した Release ファイルを標準出力に書き出します。
Release ファイルの追加メタデータフィールドの値は、APT::FTPArchive::Release 以下の相当する値 (例: APT::FTPArchive::Release::Origin) をとります。サポートするフィールドは、Origin, Label, Suite, Version, Codename, Date, NotAutomatic, ButAutomaticUpgrades, Acquire-By-Hash, Valid-Until, Signed-By, Architectures, Components, Description です。
generate
generate コマンドは、cron スクリプトから実行できるよう設計されており、与えられた設定ファイルに従ってインデックスを生成します。設定言語は、必要な設定を維持する簡単な方法を提供すると共に、インデックスファイルをどのディレクトリから作成するかを指定する、柔軟な方法を提供します。
clean
clean コマンドは、設定ファイルで与えられたデータベースを、もう必要ないレコードを削除して整理します。

GENERATE 設定

generate コマンドは、生成するアーカイブに関する記述をした設定ファイルを使用します。設定ファイルは、bind 8 や dhcpd といった ISC ツールに見られるような、ISC 設定フォーマットに従います。 apt.conf(5) に、構文の説明があります。Generate 設定はセクション法で解析しますが、 apt.conf(5) はツリー法で解析するのに注意してください。これはスコープタグの扱い方に違いがあるだけです。
generate 設定には 4 個の独立したセクションがあります。以下それぞれ説明します。

Dir セクション

Dir セクションは、生成プロセスで必要なファイルを配置するために必要な、標準ディレクトリを定義します。このディレクトリは、完全な絶対パスを生成するため、後のセクションで定義される相対パスの前に結合されます。
ArchiveDir
FTP アーカイブのルートを指定します。標準的な Debian 設定では、このディレクトリには ls-LR と dist ノードがあります。
OverrideDir
オーバーライドファイルの場所を指定します。
CacheDir
キャッシュファイルの場所を指定します。
FileListDir
FileList 設定が以下で使用されている場合、ファイルリストファイルの場所を指定します。

Default セクション

Default セクションではデフォルト値を指定します。また、生成器の動作を制御する設定も行います。他のセクションでは、ここにあるデフォルト値を、セクションごとの設定で上書きします。
Packages::Compress
パッケージインデックスファイルのデフォルト圧縮方法を設定します。設定項目 APT::Compressor によって設定した圧縮形式の最低1つが入る、空白区切りの文字列です。圧縮方法のデフォルトはすべて '. gzip' です。
Packages::Extensions
パッケージファイル拡張子のデフォルト値を列挙します。このデフォルト値は '.deb' です。
Sources::Compress
Packages::Compress と同様に、Sources ファイルの圧縮方法を指定します。
Sources::Extensions
ソースファイル拡張子のデフォルト値を列挙します。このデフォルト値は '.dsc' です。
Contents::Compress
Packages::Compress と同様に、Contents ファイルの圧縮方法を指定します。
Translation::Compress
Packages::Compress と同様に、Translation-en マスターファイルの圧縮を制御します。
DeLinkLimit
実行するごとに delink (及びハードリンクの置き換え) する量を、キロバイト単位で指定します。セクションごとの External-Links 設定と合わせて使います。
FileMode
作成したインデックスファイルのモードを指定します。デフォルトは 0644 です。全インデックスファイルは、umask を無視してこのモードを使用します。
LongDescription
長い説明文を Packages ファイルに含めるか、マスター Translation-en ファイルに分割するかを指定します。

TreeDefault セクション

特定の Tree セクションのデフォルトを設定します。これらの変数はすべて置換変数であり、文字列 $(DIST), $(SECTION), $(ARCH) をそれぞれの値に展開します。
MaxContentsChange
日毎に生成する contents ファイルをキロバイト単位で設定します。contents ファイルをラウンドロビンし、数日経つとすべて再生成します。
ContentsAge
変更がない contents ファイルをチェックする日数を指定します。この制限を越えた contents ファイルの mtime を、更新します。パッケージファイルが変更されても、[例えば上書き編集で] contents ファイルが更新されないような場合、こういったことが発生します。新しい .deb ファイルをインストールしたい場合、保留を解除でき、少なくとも新しいファイルが必要です。デフォルトは 10 で、単位は日です。
Directory
.deb ディレクトリツリーの先頭を設定します。デフォルトは $(DIST)/$(SECTION)/binary-$(ARCH)/ です。
SrcDirectory
ソースパッケージディレクトリツリーの先頭を設定します。デフォルトは $(DIST)/$(SECTION)/source/ です。
Packages
Packages ファイルの出力先を設定します。デフォルトは $(DIST)/$(SECTION)/binary-$(ARCH)/Packages です。
Sources
Sources ファイルの出力先を設定します。デフォルトは $(DIST)/$(SECTION)/source/Sources です。
Translation
万一 Packages ファイルに含まれていない場合、長い説明文がある Translation-en マスターファイルの出力先を設定します。デフォルトは、$(DIST)/$(SECTION)/i18n/Translation-en です。
InternalPrefix
外部リンクではなく、内部リンクと見なす判断材料となる、パスのプレフィックスを設定します。デフォルトは、$(DIST)/$(SECTION)/ です。
Contents
Contents ファイルの出力先を設定します。デフォルトは、$(DIST)/$(SECTION)/Contents-$(ARCH) です。複数の Packages ファイルをひとつの Contents ファイルにまとめられる設定 (デフォルト) の場合、 apt-ftparchive は自動でパッケージファイルをまとめます。
Contents::Header
contents の出力に付けるヘッダファイルを設定します。
BinCacheDB
このセクションで使用するバイナリキャッシュデータベースを設定します。複数のセクションで同じデータベースを共有できます。
FileList
ディレクトリツリーを走査する代わりに、apt-ftparchive が読み込むファイル一覧ファイルを指定します。相対ファイル名は、アーカイブディレクトリが先頭につきます。
SourceFileList
ディレクトリツリーを走査する代わりに、apt-ftparchive が読み込むファイル一覧ファイルを指定します。相対ファイル名は、アーカイブディレクトリが先頭につきます。ソースインデックスを処理する際に使用します。

Tree セクション

Tree セクションでは、ベースディレクトリからの標準 Debian ファイルツリー、ベースディレクトリの複数のセクション、最終的にはセクションごとの複数のアーキテクチャを定義します。使用する正確なパスは、Directory 変数で定義されます。
Tree セクションは、$(DIST) 変数で設定されているスコープタグをとり、ツリーのルート (ArchiveDirが先頭につくパス) を定義します。通常、この設定は dists/stretch のようになります。
TreeDefault セクションで定義される設定はすべて、3 個の新しい変数と同様に、Tree セクションで使用できます。
Tree セクションを処理する際、 apt-ftparchive は以下のような操作を行います。
for i in Sections do 
   for j in Architectures do
      Generate for DIST=scope SECTION=i ARCH=j
     
Sections
distribution 以下に現れるセクションを、空白区切りで指定したリストです。通常、main contrib non-free のようになります。
Architectures
検索部の下に表示されるすべてのアーキテクチャの空白区切りリストです。特別なアーキテクチャ「source」は、このツリーがソースアーカイブを持っていることを示すために使用されます。アーキテクチャ「all」は、Packages のようなアーキテクチャ固有のファイルがすべてのファイル中のアーキテクチャ all パッケージに関する情報を含まず、専用のファイルで利用できることを示します。
LongDescription
長い説明文を Packages ファイルに含めるか、マスター Translation-en ファイルに分割するかを指定します。
BinOverride
バイナリオーバーライドファイルを設定します。このオーバーライドファイルには、セクション、優先度、メンテナのアドレスといった情報が含まれています。
SrcOverride
ソースオーバーライドファイルを設定します。このオーバーライドファイルには、セクションの情報が含まれています。
ExtraOverride
バイナリ特別オーバーライドファイルを設定します。
SrcExtraOverride
ソース特別オーバーライドファイルを設定します。

BinDirectory セクション

bindirectory セクションでは、特殊な構造を持たないバイナリディレクトリツリーを定義します。スコープタグはバイナリディレクトリの場所を指定し、設定は変数展開のない Tree セクションや SectionArchitecture 設定に似ています。
Packages
Packages ファイルの出力先を設定します。
Sources
Sources ファイルの出力先を設定します。少なくとも Packages か Sources のうち、ひとつは必要です。
Contents
Contents ファイルの出力先を設定します (オプション)。
BinOverride
バイナリオーバーライドファイルを設定します。
SrcOverride
ソースオーバーライドファイルを設定します。
ExtraOverride
バイナリ特別オーバーライドファイルを設定します。
SrcExtraOverride
ソース特別オーバーライドファイルを設定します。
BinCacheDB
キャッシュ DB を設定します。
PathPrefix
全出力パスに付加するパス。
FileList, SourceFileList
ファイル一覧ファイルを指定します。

バイナリオーバーライドファイル

バイナリオーバーライドファイルは、 dpkg-scanpackages(1) と完全に互換性があります。ここには、空白区切りでフィールドが 4 個あります。先頭のフィールドはパッケージ名、2 番目のフィールドはパッケージに強制する優先度、3 番目のフィールドはパッケージに強制するセクション、最後のフィールドはメンテナ順列フィールドです。
メンテナフィールドの一般的な形は以下のようになります。
old [// oldn]* => new
また単純に以下のようにもなります。
new
最初の形式は、// で区切られた古い email アドレスのリストを許可します。この形式がある場合は、メンテナフィールドになるよう new に置換してください。2 番目の形式は無条件にメンテナフィールドに置換します。

ソースオーバーライドファイル

ソースオーバーライドファイルは、 dpkg-scansources(1) と完全に互換性があります。ここには、空白区切りでフィールドが 2 個あります。先頭のフィールドはソースパッケージ名、2 番目のフィールドは割り当てるセクションです。

特別オーバーライドファイル

特別オーバーライドファイルは、出力中に任意のタグを追加・置換できるようにします。3 列からなり、先頭はパッケージ、2番目はタグ、残りは新しい値です。

オプション

All command line options may be set using the configuration file, the descriptions indicate the configuration option to set. For boolean options you can override the config file by using something like -f-,--no-f, -f=no or several other variations.
--md5, --sha1, --sha256, --sha512
与えたチェックサムを生成します。このオプションはデフォルトで on です。off にすると生成したインデックスファイルには checksum フィールドが含まれません。設定項目: APT::FTPArchive:: Checksum と APT::FTPArchive:: Index::Checksum。ここで Index は Packages, Sources, Release になります。 Checksum は MD5, SHA1, SHA256 または SHA512 になります。
-d, --db
バイナリキャッシュ DB を使用します。generate コマンドには影響しません。設定項目: APT::FTPArchive::DB
-q, --quiet
静粛 - 進捗表示を省略し、ログをとるのに便利な出力を行います。最大 2 つまで q を重ねることでより静粛にできます。また、 -q=# のように静粛レベルを指定して、設定ファイルを上書きすることもできます。設定項目: quiet
--delink
Delink を実行します。External-Links 設定を使用している場合、このオプションはファイルの delink を有効にします。デフォルトは on で、off にするには --no-delink としてください。設定項目: APT::FTPArchive::DeLinkAct
--contents
contents の生成を行います。このオプションを指定し、パッケージインデックスをキャッシュ DB と共に生成する際、ファイルリストを後で使用するように、抽出し DB に格納します。generate コマンドを使用する際、このオプションでいずれの Contents ファイルも作成できます。デフォルトは on です。設定項目: APT::FTPArchive::Contents
-s, --source-override
sources コマンドで使用する、ソースオーバーライドファイルを選択します。設定項目: APT::FTPArchive::SourceOverride
--readonly
キャッシュデータベースを読み取り専用にします。設定項目: APT::FTPArchive::ReadOnlyDB
-a, --arch
packages コマンドや contents コマンドで、与えたパスにあるすべてのパッケージファイルではなく、*_arch.deb や *_all.deb に一致したパッケージファイルのみを受け付けます。設定項目: APT::FTPArchive::Architecture
APT::FTPArchive::AlwaysStat
apt-ftparchive(1) は cachedb のメタデータに可能な限りキャッシュします。パッケージを再コンパイルし、また同じバージョンで再発行されると、古くなってしまったキャッシュのメタデータ (サイズやチェックサム) が使われ、これが問題になることがあります。このオプションを有効にすると、ファイルを更新するとチェックが行われるため、問題が起こらなくなります。デフォルトでは、このオプションは "false" にセットされていることに注意してください。バージョンや、同じバージョン番号のパッケージのビルドを、増やしてアップロードするのは推奨しないからです。そのため理論上、誰もその問題に行き会わず、すべての追加チェックには、意味がありません。
APT::FTPArchive::LongDescription
この設定オプションはデフォルトで "true" で、 apt-ftparchive(1) が生成したアーカイブが Translation ファイルも提供する場合にのみ "false" に設定してください。Translation-en マスターファイルは generate コマンドでのみ生成できることに注意してください。
-h, --help
Show a short usage summary.
-v, --version
Show the program version.
-c, --config-file
Configuration File; Specify a configuration file to use. The program will read the default configuration file and then this configuration file. If configuration settings need to be set before the default configuration files are parsed specify a file with the APT_CONFIG environment variable. See apt.conf(5) for syntax information.
-o, --option
Set a Configuration Option; This will set an arbitrary configuration option. The syntax is -o Foo::Bar=bar. -o and --option can be used multiple times to set different options.

サンプル

バイナリパッケージ (.deb) があるディレクトリの Packages ファイルを生成するには、以下のようにします。
apt-ftparchive packages directory | gzip > Packages.gz

関連項目

apt.conf(5)

診断メッセージ

apt-ftparchive は正常終了時に 0 を返します。エラー時には十進の 100 を返します。

BUGS

APT bug page[1]. If you wish to report a bug in APT, please see /usr/share/doc/debian/bug-reporting.txt or the reportbug(1) command.

TRANSLATION

The english translation was done by John Doe <john@doe.org> in 2009, 2010 and Daniela Acme <daniela@acme.us> in 2010 together with the Debian Dummy l10n Team <debian-l10n-dummy@lists.debian.org>.
Note that this translated document may contain untranslated parts. This is done on purpose, to avoid losing content when the translation is lagging behind the original content.

著者

Gunthorpe Jason[FAMILY Given]
[FAMILY Given]

注記

1.
APT bug page
25 11 月 2016 APT 1.4.8