Scroll to navigation

AIO_ERROR(3) Linux Programmer's Manual AIO_ERROR(3)

名前

aio_error - 非同期 I/O 操作のエラー状態を取得する

書式

#include <aio.h>
int aio_error(const struct aiocb *aiocbp);
-lrt でリンクする。

説明

aio_error() 関数は aiocbp で指された制御ブロックでの非同期 I/O リクエス トのエラー状態を返す。( aiocb 構造体の説明は aio(7) を参照)

返り値

この関数の返り値は以下のいずれかである。
*
EINPROGRESS (リクエストがまだ完了していない場合)
*
ECANCELED (リクエストがキャンセルされた場合)
*
0 (リクエストが正常に完了した場合)
*
正のエラー番号 (非同期 I/O 命令が失敗した場合)。 同期の read(2), write(2), fsync(2), fdatasync(2) の呼び出しの場合で errno 変数に格納されるのと同じ値になる。

エラー

EINVAL
aiocbp が、まだ返り値 (return status) ( aio_return(3) を参照) が取得されていない非同期 I/O リクエストの制御ブロックを指していない。
ENOSYS
aio_error() は実装されていない。

バージョン

aio_error() 関数は glibc 2.1 以降で利用できる。

属性

マルチスレッディング (pthreads(7) 参照)

aio_error() 関数はスレッドセーフである。

準拠

POSIX.1-2001, POSIX.1-2008.

aio(7) を参照。

関連項目

aio_cancel(3), aio_fsync(3), aio_read(3), aio_return(3), aio_suspend(3), aio_write(3), lio_listio(3), aio(7)

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.65 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。
2013-07-04